2017年5月18日

目標が無いなんて言わないで!主婦も夢を持つ時代だと思う

こんにちは、主夫のジョーイです。

「仕事は旦那の役割だから、家の事は私が一人で頑張る。でも、主婦の夢ってなんだろう?」

忙しく、せわしなく家事をしている時は気が付かないけど、ふとした瞬間にこんなこと考えてむなしくなる事はありませんか?

それは決してあなただけじゃない。
みんな同じように悩んでるんだと思います。

女性の夢、結婚と出産

まず、主婦をしている人は結婚という大きな夢を叶えました。
出産という夢を叶えた人もいると思います。

でも、その代償?なのか何なのか、主婦と言う新しいステージがはじまりました。
「まさかこんな風に生活が変わるなんて、想像していなかった」

でも、周りを見てください。
想像通り上手くいっている人なんていないものですよ。

だから考える。だから人生は面白いんだと思います。

後ろを向くんじゃなくて、「今は通過点だ」って、次の目標を持ってはみませんか

子供の頃の夢

子供の頃は、いろいろな夢がありましたよね。
学校の先生、看護婦さん、歌手になること・・・
叶わなかったとしても、あの時の熱い気持ちは覚えてます。

そう、夢を持つのに遅いも早いもないと思います。
おばあちゃんだって夢を見た方が楽しいんです。

80才近くにお年をめさてた女性の起業家の方と海外のホテルで朝食を相席したことがあります。
「私、好奇心が強いの」
その方は目を輝かせながら言っていました。

小さな目標から考えよう!

小さな喜びから叶えていきましょう。
美味しいパンを焼く。
今よりキレイになる。
毎朝ベランダに来る鳥にエサをあげる。

どんなに小さいことでも自分が幸せになれることが夢のはじまりだと思います。
幸せな気持ちがあなたの心を豊かにしてくれます。

何か他人を喜ばせることはできないだろうか?

ボランティアをしている人はよく、「自分は助けてるんじゃない。助けられているんだ」と口にします。
人をを幸せにするということはとても素晴らしいことだし、実は自分を幸せにすることだと思います。

心の豊かさは他人によって生まれます。
もっとも身近な存在に家族、子供がいますよね。

木山裕策さんの「home」という歌に、自分の子供を可愛く思うときに自分の親に感謝の気持ちを言いたくなると歌っていました。
私も親になって初めてその気持ちが分かりました。

一生懸命人と向き合い、そして「ありがとう」と感謝されるのは何て素晴らしいかと思います。

ポジティブな気持ちから夢が生まれる

情報が交錯して、住みにくい現代化もしれません。

でも、これもポジティブにとらえればいいのではと私は思います。

たとえば、その気さえあれば、インターネットを使い、世界中の人とコミニケーションが取れるし、自分の知りたいことだって一瞬で調べられます。

普段は家事をして、家の中の閉ざされた世界にいるかもしれませんが、インターネットはそれを解放してくれます。
友達だって作れるし、ビジネスだってはじめられます。

使い方は無限大なんです。全てはとらえ方、次第ですよね

最後に

いま悩みをもっているあなたは真面目で自分に正直なんだと思います。
長々と書きましたが、何かのキッカケやお役にたてたら私も幸せです。

あと、ユーチューブはじめました。