2017年12月30日

卵管造影のおかげで妊娠できたかも?1年間悩んだ末の不妊ドック。

こんにちは、嫁です。

部屋に飾ってある子どもたちの写真を眺めながら、大きくなったな・・・

と、しみじみ思う今日この頃。

 

今では二人の息子たちに囲まれて、幸せに毎日を過ごせていますが、

長男を授かるまで少し時間がかかりました。

 

29歳で結婚して、すぐにでも子供が欲しかったのですが・・・

 

1年間ほど市販の排卵検査薬を使って、自分たちでタイミングをとり、妊活に取り組むもまったく妊娠することはなく・・・

 

毎回生理が来るたびに落ち込みました。

たくさん泣きました。

 

そんな私を見ていた旦那が、不妊治療のクリニックへ通ってみよう!と提案してくれました。

まずクリニックで、私は不妊ドックを受けることになりました。

 

その不妊ドッグでやった卵管造影が強烈に痛くて(涙)

けど、そのおかげで私は妊娠することができたかもしれません。

 

その卵管造影をやった感想、思ったことをまとめました。

付き添ってくれる人がいるならお願いしてもいいかも。

卵管造影は痛い!と聞いていて私はかなりビビっていたので、旦那が仕事が休みだったのでクリニックに一緒に来てもらいました。

 

私の場合は・・・

もれなくとーっても痛かったです(涙)

生理痛のものすごい重いやつといった感じでしょうか。

 

卵管に造影剤が入るたびにズンズン、ズーン!

 

と痛みが襲ってきて、もう無理ですー!!と。

想像以上に痛かったです。

 

どうやら片方の卵管が詰まり気味だったみたいです。

 

終わった後もしばらく痛かったので、旦那についてきてもらって私は助かりました。

人によって痛みはマチマチなのでなんとも言えませんが・・・

卵管造影後は妊娠しやすいっていうけど・・・ほんとかも!

とっても痛かったですが、卵管造影後半年くらいは妊娠しやすい。と聞いていたので痛みにも耐えられました。

そのほかの検査では異常がみられなかったので、私たちはタイミング指導で自然妊娠を待つことに。

 

その後、2回のタイミング指導により私は妊娠することができました!

 

自分たちで1年以上がんばっても妊娠できなかったのに、嘘みたい!!!

 

と、妊娠検査薬の陽性反応を目にしたときは本当に嬉しかったです。

卵管造影後のゴールデンタイムは本当にあるのかもしれないです。

最後に

なんとなく不妊のクリニックって敷居が高いイメージで、私も通うのに躊躇しました。

けど、あの時行ってなかったら今もまだ授かれずにいたかもしれない。

 

クリニックの先生方は妊娠のプロ。

なんでもやっぱりプロにおまかせするのがいいのかもしれないですね。

 

なかなか妊娠できないで悩んでいる方がいるとしたら、一度不妊ドッグを受けることをおすすめします。

 

卵管造影はめっちゃ痛いかもしれませんが・・・

 

 

あと、ユーチューブはじめました。