今、知っておきたい2020年プログラミング教育の必須化の背景について

はじめに、国が小学校からプログラミング教育について検討されていましたが、2020年から導入が決定しました。
文部科学省は小学校プログラミング教育の手引をWEBで公開しています。

また、文部科学省によるプログラミング教育とは「子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うように指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、 時代を超えて普遍的に求められる力としての『プログラミング的思考』などを育成するもの」とされています。

今回は、プログラミング教育の現状や必修化の目的・内容、および動向につ
いて解説します。
現在、小学校に通われているお子様やこれから小学校へ入学し通われるお子様をお持ちの方は、将来を左右されるといっても過言ではありません。

すでに先行的にプログラミングの事業を導入している小学校もあります。
お子様の為に一度理解しておくと良いでしょう。

文部科学省が考える未来へのプログラミング教育の推進について

予測が困難なこれからの社会のために

これからの社会では情報や情報技術を受け身で捉えるのではなく、手段として活用していく力が求められています。
プログラミング教育を含む情報活用能力を育成していくことがますます重要となっている。

コンピュータは人々の生活の様々な場面で

コンピュータは単に便利な「魔法の箱」ではなく、それがプログラムなどによって動いてい
ることなど、その仕組みを知ることにより、主体的に活用できるようになることが必要です。
これからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要な知識になってきています。

つまり

このように、プログラミング教育の重要性について国が力を挙げて取り組んでいく意気込みが感じられます。
なぜ、このようにプログラミング教育を重要視するのが、その背景を探って見ましょう。

プログラミング教育の必修化、および重要視する背景とは

プログラミング教育の必修化は、小学校だけではありません。
このプログラミング教育の必修化などが含まれる新しい学習指導要領の実施は、小学校では2020年、中学校では2021年、高等学校では2022年から行われます。

まずは国がプログラミング教育を重要視する背景、プログラミング教育を必修化した理由はいくつかあると思います。
その理由を探ってみるとしましょう

背景その1 IT人材の不足

プログラミング教育の必修化を推進する背景として、WebエンジニアやIT人材の不足が挙げられます。
経済産業省が発表した、IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果によると、2020年に36.9万人、2030年には78.9万人のIT人材が不足すると予測しています。

日本の人口減少に伴って、単純労働は外国人などが担い、さらにITを生かしたloT(Internet of Things)分野においてカバーしたいと日本政府も考えています。

そう言う時代の流れで今後もIT関連のビジネスは拡大していくと予想される一方で、それに対応するIT人材の数が追いつかないと予測されます。
総務省は2025年までにIT人材を新たに100万人育成する方針を発表しており、プログラ
ミング教育が推進・重要視されています。

背景その2 第4次産業革命

ITを活用したそれぞれに合わせた小・中・高校でプログラミング教育の必修化など、IT人材の育成を徹底するため、学習指導要領の見直しを行う発表がありました。
その理由として、ここでは第4次産業革命について触れられています。
(第4次産業革命と有望成長市場の創出)
今後の生産性革命を主導する最大の鍵は、IoT(Internet of Things)、 ビッグデータ、人工知能、ロボット・センサーの技術的ブレークスルーを活用する「第4次産業革命」です。

「第4次産業革命」は、社会的課題を解決し、消費者の潜在的ニーズを 呼び起こす、新たなビジネスを創出します。
その一方で、既存の社会システム、 産業構造、就業構造を一変させる可能性がもあります。

既存の枠組みを果敢に転換して、世界に先駆けて社会課題を解決するビジネスを生み出すのか、それとも、これまでの延長線上で、海外のプラットフォームの下請けとなるのか。

第4次産業革命は、人口減少問題に打ち勝つチャンスである一方で、 中間層が崩壊するピンチにもなり得るものである。
(引用元:日本再興戦略 2016より)

まとめ

このように、日本では少子化や人口減少が大きな問題となっていますが、将来IT技術を活用すれば問題も解決でき、新たなビジネスチャンスも生まれうると考えられています。

今後、日本に必要とされる人材、または日本の将来を担う子供たちに「社会を変え、世界で活躍する」チャンスを与えるものとなります。

プログラミング教育を必修化するとともに、IT を活用して 理解度に応じた個別化学習を導入す
ることで、先進国の中でも高齢化の進む日本で、各国とのビジネス競争に打ち勝ち、生き抜くためには、IT技術を身につけることが必要不可欠であると考えられてます。

子供の将来の為に、考えてあげることでより良い未来を用意してあげられるかもしれませんね。

あと、ユーチューブはじめました。