子供の将来の為に読書の習慣を付けさせる4つの方法について

大人になってから「今までにもっときちんと勉強しておけばよかった!」と、思っている大人の方がたくさんいる中で、子供もいずれは同じことを思うようになります。

小学校→中学校→高校と進むにつれて急増して行きます。
子供が小さな内から考えておきたいですよね

子供たちが学ぶ楽しさを実感しながら成長できれば、日頃の勉強への取り組み方も変わってくるのではないでしょうか。
今日はその中でも読書についてまとめてみました。

小学校低学年で身に付けたい力とは?

 まず、小学校低学年のうちに身につけておきたいこととは何だと思いますか?

実は一番言われているのが「読書」なんです。

読書?と思われたかもしれませんが、実は教育の専門家の方も進めています。

 では、読書にはどのような効果があるか考えてみましょう。
・国語力
・想像力
・認識アップ
・集中力など

様々な身につき、さらにストレスの軽減やコミュニケーション能力の向上なども期待できると言われています。
本を読む事で、作者の考え方や色々な表現を知り、子供の世界観を広げるきっかけになることになります。

読書が好きな子どもは本からたくさんの知識を得ることで、自分の頭で考える習慣を身につけます。
小さい頃からの読書習慣は、大人になってから社会で働くうえで大きな影響があると言えるでしょう。

子供の読書は電子書籍はありか、なしか?

 現代のIT社会において、スマホやタブレットでの電子書籍での読書は、子供たちへの興味をそそる一つの方法として有効です。
もちろん本での読書でも大丈夫です。

学校の図書室や地域の図書館でも気軽に借りてきて一冊でも多く読書することが出来るので、気軽に読書できる環境を作ってあげましょう。

子どもに読書をさせる4つの方法

読書が習慣になっていない子供にのために、4つの方法をご紹介します。

・たくさんの本を手に取りやすい環境を作る

・普段の疑問を、本を通して調べるように促す

・読み聞かせをする

・親が読書をする

たくさんの本を手に取りやすい環境を作る

いつでもご自宅などに本が手に取れる環境を作ることで、まずは興味を持たせてあげましょう。
だいじなのは、無理やり本を読ませない様にしましょう。
子供の年齢に合わせて本を選び、子供が自ら読みたいと思わせることが大切です。

普段の疑問を、本を通して調べるように促す

小さい子供は、「なんでなんで」「これな~に」など、様々な疑問を持ち、親に疑問をぶつけてきます。
その疑問や質問をすべて答えるのではなく、本などで一緒に調べることでやり本に親しみを抱きます。
この様に、自分で調べることを少しつづですが覚えていくことが出来ます。

読み聞かせをする

そして、幼いころから絵本などで親が読み聞かせをすることで、子供から絵本を読んでと持ってくる習慣がつきます。
それを嫌がらず読み聞かせをしていくことで、成長と共に自分から読む習慣に繋がります。

親が読書をする

 子供が読書する習慣があるある親は読書をする習慣があると言われています。
やはり親が取り組んでいることに子供は真似をしらり興味を持ちます。

また、親が読書をする習慣があるという事は、家に本がたくさんありすぐに手に取ることが出来る環境があるという事です。
自然に子供が本にふれて習慣になっていくようです。

まとめ

 この様に、小学低学年で身に着けておきたいことは「読書」という事がわかりましたね。
塾に通わせることも大事ですが、この小学低学年で身に着けたことが、子供の将来を大きく影響を与えることでしょう。

子供の将来について、時代の発展と共に学ぶべきことも一緒に考えてあげると良いでしょう。

あと、ユーチューブはじめました。